PMBOK

プロジェクトマネジメントをすることになったら。【PMBOKを理解する】

キャリアを重ねてくると、あるタイミングで
マネジメントを求められるタイミングがあります。

会社単位ではなく、プロジェクト単位で働くという時流においては、

組織に属さずフリーで働く人でも、マネジメントのポジションを求められる機会は増えていくと考えられます。

個人的にも最近プロジェクトマネジメント案件を受けることが多くなってきており、
改めてプロジェクトマネジメントについて勉強しています。

そこで今回は、プロジェクトマネジメントに関して体系的にまとめられている
PMBOKについて紹介します。

 

PMBOKとは

PMBOKは、Project Management Body of Knowledgeの頭文字からきていて、
通称ピンボック」と呼ばれます。

プロジェクトマネジメントに関するノウハウ手法体系立ててまとめた資料で、
プロジェクトマネジメントの世界標準として世界中に浸透しています。

内容はだいたい4年に1度改訂されており、2017年の第6版が最新です。

 

これまでのプロジェクトマネジメント

PMBOKが浸透する以前は、QCDモデルというものを使用し、

プロジェクトは遂行されていました。

QCDモデル

Q:Quality |  品質

C:Cost | コスト

D:Delivery | 納期

QCDモデルでは、プロジェクトの目的部分のみに焦点が当てられています。

それに対し、PMBOKはプロジェクトの「プロセスの部分にも焦点を当て、
プロジェクト全体について体系化されています。

そのため、どのようにプロジェクトを成功に導くのか、というプロセスについても掘り下げて考えられるため、

プロジェクトマネジメント業務に従事する人たちのバイブルになっています。

 

5のプロセス/ 10の知識エリア/ 3のパート

それではまず、PMBOKの大枠を捉えましょう。

キーワードは5のプロセス」「10ヶに分類された知識エリア」「3つのパートです。

それぞれについて解説していきます。

 

5つのプロセス

PMBOKでのプロジェクトにおける 5つプロセスが以下です。

  1. Initiating | 立ち上げ
  2. Planning | 計画
  3. Executing | 実行
  4. Controlling | 監視・管理
  5. Closing | 終結

仕事をされている方ならわかると思いますが、基本的なプロジェクトの流れですよね。

全体プロセスを 5つに分けるのがPMBOKの考え方になります。

 

10の知識エリア

上記5つのプロセスの中で具体的に求められるものが、
以下の 10ヶの知識エリアです。

  1. Integration Management | 総合管理
  2. Scope Management | スコープ管理
  3. Time Management | スケジュール管理
  4. Cost Management | コスト管理
  5. Quality Management | 品質管理
  6. Human Resource Management | 人的資源管理
  7. Communication Management | コミュニケーション管理
  8. Risk Management | リスク管理
  9. Procurement Management | 調達管理
  10. Stakeholders Management | ステークホルダー管理

どのプロセスで何を作成し、何を管理すべきかということが明確に決まっています。

 

3のパート

PKBOKには上記のほかに 3つのプロセスがあります。

  1. 入力
  2. ツールと実践
  3. 出力

これにより、各知識エリアと各プロセスは上記3つのパートに分かれ

「何をもとにして、どのような方法・ツールで、何を作成するのか」ということまで定義されます。

 

まとめ

こうやってみると、PMBOKは非常に体系化されたフレームワークであることが感じ取れますね。

PMBOKはあくまで1つのプロジェクトを成功に導くための知識集ですので、

具体的な施策が記載されているわけではありません。

これをどうマルチプロジェクト実践に落とし込んでいくか、

実際に実践していければと思います。

このあたりは、実働と平行して記事化したいと思いますので、お楽しみに!

PMBOK
フォローよろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。